2016/05/18 Wed

足立美術館所蔵 横山大観展に行きました。

IMG_0977.JPG


北海道立近代美術館で開催されていた、足立美術館所蔵 横山大観展に行きました。
5月15日(日)までの会期で、14日(土)に滑り込みで間に合った。
間に合ってよかった!

横山大観については「有名な日本の画家で、代表作に桜の絵がある」というような曖昧な知識しかなく、ほぼまっさらな状態でそれぞれの絵を見て回りました。
紅葉や富士山を描いたものも素晴らしかったのですが(大きな屏風の絵は圧巻)、水墨画に心を動かされました。

今まで深く考えたことがなかったのですが、水墨画って白い紙に黒い墨で描いていくわけですよね。
ただ墨で物体を書いていくだけじゃなくて、墨で描かない部分も描くのですよね。
あるものをそのまま書くのではなくて、黒で描く事によって白を浮かび上がらせる。
墨の濃淡だけで、情景の温度や湿度まで現している。
山を描きながらどうやって雲の動きを表現しようと考えているのだろう?一体どのように世界が見えているのだろう?
黒を書くことで浮かび上がる白、というのに大きな衝撃を受けました。
黒があるから白に形が生まれるのであり、白の形を浮かび上がらせるために黒を描く。
なんだろう、上手く言えない。

IMG_0976.JPG

水墨画の絵葉書は「那智乃瀧」と「朝嶺」を購入。
特に、「那智乃瀧」を目にした時にハッとした衝撃が忘れられない。
posted by ira’s at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

麻生で美味しいご飯食べました

もう先月の話なのかとびっくりしつつ。
4月の末に行った札幌@麻生でのご飯の話。

友人がそのお店で臨時バイトをしていたのだけど、お魚がすごく美味しそう!
他にも美味しいものがたくさんあるよ、ということで、バイトのない日に一緒に飲むことにしました。
ちょうど最近北海道に帰ってきた友人の都合もあったのでみんなでワイワイ。

お刺身盛り合わせ、珍しいお魚がたくさん。
北海道に帰ってきた友人のおかえりなさい会!
珍しく魚がたくさん。オジサン。


カワハギと肝のお刺身。日本酒にとても良く合いました。
カワハギの肝のお刺身。めっちゃ美味。


お肉も美味しいのです。サフォーク。嫌な獣臭さがない。旨味はある。
サフォーク。ラム。嫌ではない臭みが良い。北海道って感じ。


豚肉も美味しかった。ルスツだったかな...ブランド豚でした。
IMG_0653.JPG


〆?に頼んだブルーチーズのニョッキ。これまたお酒に合う。
ブルーチーズニョッキ。これまた濃厚でお酒が進んだ。


この他にもメニューが沢山で(壁に沢山おしながきが貼ってある形式)、どれを頼むかとても迷いました!
写真はないですが、梅水晶(サメ軟骨梅肉和え)などちょっとしたおつまみも美味しい。
氷の代わりに凍らせたレモンがたっくさん入ったチューハイが進みすぎた!(このチューハイがまたレモンぎっしりで美味しい)

また食べに行きたいなー。
posted by ira’s at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

『DEEP PURPLE JAPAN TOUR 2016』@札幌

5月9日、札幌ニトリ文化ホールで開催されたDEEP PURPLE JAPAN TOUR 2016へ行きました。
有名な曲(Highway Star や、Black Night)は知っているけれど、アルバムを全部聴き込んでいるわけではない。
新しいアルバムとベスト盤をライブに向けて(GWに)何度か聴いた程度。
もちろんDEEP PURPLEの演奏を生で聴くのは初めてです。

すごかったです!
最年少60歳、最年長70歳、平均年齢67歳とは思えません。
1曲めで、年齢のことを忘れました。
もちろん、じっくりみていくと、誰かのソロの時には他のメンバーはステージからはけているので、ソロが多めにあるのは休憩の意味もあるのだろうな、とかそういう体調を配慮した面はありました。
(あんなにボーカルがステージからいなくなるライブは初めてでした。)
それにしても、70歳の人が簡単に出せる声じゃないし、演奏じゃない。

彼らがもっと若い頃は今よりもっと勢いやパワーがあったのかもしれないなとも思いましたが、逆に今の年齢だからこその迫力や余裕があったように思えました。
ステージでの演奏が楽しそうだった。
もちろん昔のステージをしらないので、そんな比較はできないのだけれど。

もう1つ大きな発見だったのは「ボーカルは楽器なんだなあ」ということ。
グループとして活動しているアーティストであっても「歌があって、歌詞があって、ボーカルがいて、バンドの伴奏がある」という自分の中の感覚がどうしてもあったのですが、ボーカルのイアン・ギランの声はまさに楽器でした。
楽器の一つとして声があって、ギターや鍵盤、ベース、ドラム全てが互角に主張しあって一つの曲を演奏している!という感覚を味わいました。
"ボーカル VS ギター"、"ギター VS 鍵盤"などで「このフレーズお前にできるのかい?」みたいな掛け合いをやっていたのすごかった。全員主張激しい。

知らない曲がたくさんあったらどうしよう?という不安も何のその、アンコールまであっという間の楽しい時間でした。
誘ってくれた夫に感謝。

Now What?!
Now What?!
posted with amazlet at 16.05.18
Deep Purple
Eagle Records (2013-04-30)
売り上げランキング: 19,523


Very Best of
Very Best of
posted with amazlet at 16.05.18
Deep Purple
EMI Europe Generic (1998-10-27)
売り上げランキング: 113,016


posted by ira’s at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記