2008/12/11 Thu

経営者と就労者と雇用制度と

この説明は秀逸であるとおもう。

「内定取り消し」は古い制度がもたらす歪みの象徴
- カレーなる辛口Javaな転職日記


−−−

今は給料は安いけど我慢して.
このままコツコツ頑張れば給料も上がって行くし,
業績が良ければボーナスはたっぷり出るし,
定年退職する時には退職金もたっぷりでるから老後も安心だよ.

これが今では次のようになったわけです.

今は給料は安いけど我慢して.
このままコツコツ頑張っても給料は上がらないし,
定年退職する時までいても退職金は一銭も出ないし、
そもそも定年を迎える前に解雇される方が普通だから

−−−

そうなのです。
その通り。

この現実はわかっています。

「限りある資産をできるだけ皆に分配」っていうのもわかってる。はずなのに。

「年功序列制度に乗っかってきた上層部の給料を減らせない会社」っていうのもわかってる。はずなのに。

「広い方面から不満が出ないような最適解は必ずしも皆を幸せにしない」っていうのもわかってる。はずなのに。

「不満が噴出しないようにホントのところは隠しつつおいしいことを言っている」っていうのもわかってる。はずなのに。

人生について考える今日この頃。
posted by ira’s at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記

Comments
Edit Comment
※承認制のためコメント反映までに時間がかかる場合があります。

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

TrackBack URL


※承認制のためトラックバック反映までに時間がかかる場合があります。


第137話 内定取り消し
Excerpt:  第137話 内定取り消し きんとと、バブルでも就職できず。(涙) 連日の大規模なリストラ報道に 正直、相当ビクビク暮らして...
Weblog: きんととの官公庁ビックリバイト体験4コママンガ『すべては県民のために。これが県庁公務員』
Tracked: 2008-12-12 04:32

経営者と就労者と雇用制度と
Excerpt:  第137話 内定取り消し きんとと、バブルでも就職できず。(涙) 連日の大規模なリストラ報道に 正直、相当ビクビク暮らして...
Weblog: きんととの官公庁ビックリバイト体験4コママンガ『すべては県民のために。これが県庁公務員』
Tracked: 2008-12-12 04:34