2009年01月18日

『社会保険・年金のキモが2時間でわかる本』でキモが掴めた!気がする。

頭ん中さんのプレゼント企画で献本いただき、
「社会保険・年金のキモが2時間でわかる本」を読了しました!

ほんとに、2時間です。
(ちょっと読み返していたので2時間半くらい・・・)

目次は、以下。


◎第1章 給与明細のカラクリを暴く!
 天引きされてる社会保険の仕組み
◎第2章 残業と保険料の悪魔の方程式
 保険料計算の仕組み
◎第3章 食費節約のために入院します!?
 医療保険・健康保険の仕組み
◎第4章 消えた年金を探せ!
 国民年金・厚生年金の仕組み
◎第5章 小料理屋の大将が月30万円の仕事を断わったワケ
 在職老齢年金の仕組み
◎第6章 会社を辞めても失業保険がある!ってホントに大丈夫?
 雇用保険の仕組み
◎第7章 「そんなケガなら労災じゃないよね」はダメ、絶対
 労災保険の仕組み
◎第8章 パートタイマー肝っ玉お母さんの逆襲
 パート・試用期間中の人の社会保険
◎第9章 退職金を払ったら倒産するなんて!
 退職金・企業年金の仕組み


まず、何より、読みやすい。
社会保険や年金には直接かかわっていないけれど(労働法は関わった)
法学部出身の自分としては、こういう制度が書かれている本は、とても難しいという印象があるのです。
(小さい字で、分厚い、眠りへといざなう、というような。)
それを、こんなにわかりやすく、ポイントを押さえて書いてくれていることに驚き。
一章ごとにポイントがまとめられているので、まとめて時間が取れなくても
章ごとに読み進めていくことができました。
今回は、だいたい一日1~2章分、という感じで読み進めました。

そして、ストーリー仕立てで説明してくれているのでとてもスムーズに頭に入ってきました。
ストーリー設定が「中小企業」である点も、自分と近くて親近感。

内容としては、次の5章が特に今の自分には役に立ちました/印象に残りました。
(5/8って、ほとんどじゃ・・)

◎第1章 給与明細のカラクリを暴く! - 天引きされてる社会保険の仕組み
知ってるようで知らない(入社の時に研修があったはずなのに)ちゃんとした保険の仕組み。
再確認・・・のつもりで読んでいたら知らないことが多かった!
社会保険料って、たくさん天引きされていていやだなと思っていたんだけど
私一人を雇うことで、会社もたくさん負担しているんだなという事実を改めて感じました。

◎第3章 食費節約のために入院します!? - 医療保険・健康保険の仕組み
自分も結構損をしている部分があるのかも・・・・
こういう制度は、制度をものにして、使いこなしていかなければなぁ。
歯科治療なんかがかさんでくるので、制度をおさえておきます。

◎第4章 消えた年金を探せ! - 国民年金・厚生年金の仕組み
「今の制度がどうなるかはわからないけど、今きちんと納付していなければ、
将来もらえるはずのものがもらえなくなる(から何はともあれ納めておこう)」
と解釈しました。
もちろん、きちんと納付してますけど、納付している反面
「ほんとにちゃんと返ってくるのかなぁ・・・」
という不安は消えません。(40年後・・・あっ3○年後の話なので)
掛け金は保証される、と信じていいものなのかどうか。うーむ。

◎第6章 会社を辞めても失業保険がある!ってホントに大丈夫? - 雇用保険の仕組み
転職も考えられる自分の年齢では、今一番必要になる知識でした。
会社を退職すると、こんなに色々手続きが必要になるのか。
あとは、失業保険。
自己都合退職の場合、給付制限があるわけですが、
もし、給付制限中に転職が決まり、退職2ヵ月後に働き始めた場合
その時点では失業していないので、基本手当ては支給されないことになるのでしょうか?
転職を視野に入れているはずなのに、ぜんぜんわかっていない(><

◎第9章 退職金を払ったら倒産するなんて! - 退職金・企業年金の仕組み
退職金は、企業としての義務ではないですよね・・企業年金も。
うちの会社は、退職金制度がないらしいのです(TT)
一応、退職時に返還する積み立てがあるらしいのですが、たいした額ではないし・・・
そのあたり、このままだと将来不安です。

2時間でざっくり仕組みがわかったので
次はもう少し掘り下げて読み込んで行きたいな、と思っています。

献本、ありがとうござました!


posted by ira’s at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。